当サイトは抗真菌薬についてご紹介するサイトです。水虫になってしまったことがある人なら、抗真菌薬がどれほどありがたいものかご存知でしょう。ここでは水虫と抗真菌薬についてお話していきます。

水虫に気を付けたい足と抗真菌薬

抗真菌薬は薬局で購入できる?

現在では様々な薬がドラッグストアで購入できるようになっていますが、これは抗真菌薬でも同じです。
ありとあらゆる抗真菌薬がドラッグストアで購入できるというわけでは無いにせよ、一部の抗真菌薬はすでにドラッグストアで購入できるようになっています。
そのドラッグストアで購入できる抗真菌薬として代表的なものには塩酸テルビナフィンや塩酸ブテナフィン、塩酸アモロルフィンやラコナゾールといったようなものがあります。
これらはあくまでも成分名であり商品名ではありませんが、こうした成分を含んでいる薬であればそれは抗真菌薬だと判断できるでしょう。
ただ注意をしなくてはならないのが、これらの成分はほとんどが白癬菌に対して使用されるべきものであるという点です。
一応ラコナゾールと塩酸アモロルフィンに関してはカンジダ菌への効果が期待できますが、その他は白癬菌、要するに水虫治療のための薬となっていますから水虫以外の真菌感染症に対してはほとんど無力です。
また水虫でも爪の中で白癬菌が繁殖している爪水虫は爪という固い組織の奥にまで医薬品成分を浸透させなくてはならないため、単純な塗り薬では対処出来ないことのほうが多いです。
そうした爪水虫やその他の真菌感染症の治療に効果的な抗真菌薬もありますが、それなりに副作用のリスクがあることもあって基本的に病院で処方箋をもらわなくては手に入れることができません。
加えて水虫は完治の判断が素人にはかなり難しいため、確実に治療するのであれば医師のアドバイスがあったほうが良いでしょう。
そうしたことを考えると軽い水虫程度であればドラッグストアで販売されている抗真菌薬を使うのでも構いませんが、ある程度進行した水虫や水虫以外の真菌感染症に関してはドラッグストアではなく病院で処方してもらうのがベストと言えます。