当サイトは抗真菌薬についてご紹介するサイトです。水虫になってしまったことがある人なら、抗真菌薬がどれほどありがたいものかご存知でしょう。ここでは水虫と抗真菌薬についてお話していきます。

水虫に気を付けたい足と抗真菌薬

水虫に感染したら抗真菌薬で除菌しよう

水虫は、真菌が皮膚に感染する事で引き起こされる皮膚病で、足に生じる印象がありますが全身どこにでも感染する可能性があります。しかし足によく水虫が現れるのは理由があります。水虫の原因菌である白癬菌が付いたからといって、すぐに感染して水虫になってしまうわけではありません。何度も菌に接触したり、菌の付いた部位が高温多湿状態に置かれる事とで、はじめて水虫になる状況が作られます。白癬菌は温度が15度以上・湿度が70%以上になると急激に増殖するため、足以外の乾燥した部位では発症せずに終わるのがほとんどです。水虫の症状は主にかゆみや水ぶくれ、皮がむけて皮膚がふやけたようになりますが、中には皮膚が厚く硬くなったりひび割れたりする場合もあります。放っておくと爪まで菌が感染し、治療が難しくなります。
水虫の治療には抗真菌薬と呼ばれる、水虫の原因である白癬菌を除菌・殺菌する作用がある薬を用います。患部に直接塗って使う外用薬がよく知られていますが、飲んで体の中から殺菌を行う内服薬もよく利用されています。水虫の治療薬を大きく分けると、皮膚科で処方される医療用医薬品と、薬局やドラッグストアなどで購入できる一般用医薬品が存在します。一般的に医療用医薬品の方が効果が高く、きちんと水虫を治療するなら皮膚科への受診を行った方が確実です。近年では治療薬が進化し、定められた期間を正しい使用法で治療すれば水虫は完治します。爪にまで白癬菌が感染して爪水虫になっている場合は、塗り薬では効果が届かないので飲み薬での治療となります。また、患部が化膿していたりするような時は、化膿が治まるまで抗生物質等を併用して治療する必要があるため、皮膚科への受診を行いましょう。