当サイトは抗真菌薬についてご紹介するサイトです。水虫になってしまったことがある人なら、抗真菌薬がどれほどありがたいものかご存知でしょう。ここでは水虫と抗真菌薬についてお話していきます。

水虫に気を付けたい足と抗真菌薬

発疹が出たら水虫?コットンの靴下で治療は抗真菌薬で

足の裏に赤みを帯びた発疹が出来た場合、水虫を疑ってみる必要があります。
水虫といえば強い痒みが出たり、皮膚がただれたようにジュクジュクとなると言った、イメージが強い皮膚病です。
発疹では水虫と思わない方が多いでしょう。
実は水虫にも色々なタイプがあり、小さく赤みのある発疹が出来るタイプがあります。
小水疱型と言われており、土踏まずや足の側面に症状が出やすい点が特徴です。
発疹の他に他の水虫同様、痒みが出るケースが多いので、このような症状を感じたら早めに皮膚科を受診しましょう。
水虫の原因となる白癬菌は、皮膚に感染してしまうと自然と、死滅するという事はありません。
そのまま放置していると、どんどん症状は悪化してしまいます。
また、症状が酷くなるだけでなく、白癬菌は他人に移してしまう恐れもあるので、水虫を広げない為にも治療で早めに完治する事が大切です。
治療では抗真菌成分を配合した、外用薬を処方されるケースが多いようです。
抗真菌成分の作用によって、白癬菌を除菌していきます。
症状などによって個人差はありますが、約3か月程度治療で完治が可能です。
ただ、水虫は1度治ったとしても、また再発してしまう可能性があります。
白癬菌にまた感染してしまうと、何度でも水虫になってしまうのです。
1度、水虫を発症した方は足が蒸れやすいなど、白癬菌が感染しやすい体質なのかもしれません。
白癬菌はカビの仲間という事もあり、温度と湿度が高い場所を好みます。
足が蒸れやすい方は、靴の中の温度と湿度が高く水虫になりやすい環境となっているのです。
このような場合、コットン製の靴下を履くようにしましょう。
コットン製の靴下は通気性が良く、足の蒸れを軽減してくれます。